歯周組織再生療法

健康な歯周組織を取り戻すには、数か月から1年程度の時間が必要になります。
また、歯周組織が再生する期間および程度は個人差があり、歯周病の進行具合によっても異なります。したがいまして、治療後のスケジュールも患者さんによって異なります。また、治療効果が発揮するためには、以下の1~4が前提になります。

  1. 禁煙
  2. 歯周病は細菌による感染症であることへの理解
  3. 歯科院での正しいプラークコントロールの実践が必要
  4. 治療の一部としての自宅でのメインテナンスの継続が必要

エムドゲインとGTR

一般的な歯周組織再生療法として、エムドゲインとGTRという方法があります。
どちらの療法も全ての方に適応するものではありません。特にGTRによる手術は吸収性人工膜メンブレンを用いるため、エムドゲインに比べると術式が難しく、メンブレンが露出するなど感染のリスクもあるため、全身疾患のある方には適応が難しい療法です。現在ではエムドゲインのほうが多く用いられるようになっています。

エムドゲインとは

2002年に厚生労働省の認可を受けたエムドゲインは、歯周病で溶けてしまった顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる安全性の高い歯周組織再生療法です。エムドゲイン・ゲルという豚の歯胚組織からつくられたタンパク質の一種を歯根の表面に塗ることで、歯が生えてくるときと同じような環境をつくり歯周組織の再生を促します。

エムドゲイン有効性と適応性

エムドゲインの最大のメリットは、歯周病によって失ってしまった歯周組織(歯槽骨や歯根膜など)を再生させることです。これによって、適切なブラッシングがしやすくなり、歯の周囲や根元にプラーク(歯垢)や歯石が溜まりにくくなるため、歯周病の進行や再発のリスクを低減できます。
また、中高年の方に目立つ歯周病によって歯茎が下がり歯が長く見えてしまうケースがありますが、エムドゲインで顎の骨を再生すれば歯茎も盛り上がるため、見た目の問題も改善されます。

エムドゲイン治療の流れ

  1. 麻酔をして、治療部分の歯茎を切開します。
  2. 歯根面に付着したプラーク・歯石を除去します。
  3. 骨が失われた部分にエムドゲイン・ゲルを塗布します。
  4. 切開した歯茎を縫合します。
  5. 術後2~3週間で抜糸します。
  6. 術後3~6週間で歯周組織が再生します。

GTR療法とは

GTR(歯周組織誘導法)は、歯周ポケット内のプラーク(歯垢)や歯石を取り除き、骨がなくなってしまった部分に人工膜メンブレンを挿入することで、歯周病によって溶かされた顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる歯周組織再生療法の一種です。
一定期間メンブレンを入れておくことで、歯周病の歯茎の増殖を防ぎながら、歯周組織が再生されるのです。

GTR治療の流れ

  1. 麻酔をして、治療部分の歯茎を切開します。
  2. 歯根面に付着したプラーク・歯石を除去します。
  3. 骨が失われた部分を人工膜(メンブレン)で覆います。
  4. 切開した歯茎を縫合します。
  5. 術後2~3週間で抜糸します。
  6. 術後4~6週間で歯周組織が再生します。

リグロス

リグロスとは、歯周組織再生治療に使われる薬剤です。
リグロスは、医科分野においてやけどなどで失った皮膚の再生に使用されている薬剤と同じ成分でできています。
歯周組織再生治療に使われるリグロスは、医科分野で使われている薬剤の濃度を歯科用に変えて、歯を支える歯周組織を再生するための薬剤として2016年9月に厚生労働省に認可、2016年12月に販売が開始されました。日本で開発された歯周組織を再生させる薬です。

当院では、ひとりでも多くの患者さんに歯周組織再生療法をご提供したいという思いから、患者さんにとってメリットが大きいリグロスを導入しています。

歯周組織を再生

歯を支える歯周組織は、放っておいても再生しません。
リグロスは歯周病の進行によって破壊された歯周組織を再生する効果があります。リグロスを使って歯周組織再生療法(手術を伴う)をすることで歯周組織が再生し、歯が抜けるのを防ぐことができます。

保険診療で受けられる

リグロスは、治療費の不安を抱える患者さんにとってもやさしい薬剤です。リグロスは保険適用ですので、健康保険を使って治療することができます。
歯を支える歯周組織の再生療法は重度の歯周病でも歯を抜かずに済むため、以前から有効な治療法でした。しかし、これまでは保険適用で使える薬剤がなく、患者さんの経済的負担が大きいというデメリットがありましたが、保険治療で使えるリグロスが誕生したことで、より多くの患者さんに治療を受けていただけるようになりました。

リグロスの禁忌症

癌(がん)の既往歴のある方

リグロスは組織の再生作用が大変強いため、正常な細胞と同時に癌(がん)細胞も活性化させてしまう可能性があります。そのため、癌(がん)の既往がある方には適さない薬剤といえます。